せどりで仕入れする際に仕入れ方法として、
店舗せどり電脳せどりの2つのやり方があります。

電脳せどり

電脳せどりはパソコンやスマホを使って
ネット上で仕入れをすることを電脳せどりと言います。
仕入先も楽天市場やビックカメラ等のネットショップやヤフオク等のオークション、
メルマリ等のフリマアプリいろいろな仕入れ先があります。

田舎に住んでいるために、
近場に店舗がないために仕入れにいけなかったり、
お子さんがいたり、介護をしているために、
家から外に出ることができない人にはお勧めです。

また、隙間時間でも仕入れができるので、
通勤時間の合間や人と待ち合わせをしている
ちょっとの時間でも仕入れができてしまいます。

●電脳せどりのメリット、デメリット
デメリット
・ライバルが全国いるため、早いもの勝ちになってしまう。
メリット
・いつでも、どこでも好きな場所で仕入れができる
・移動時間がないので、無駄な時間がなくなる。
・交通費がかからないので、経費がかからない。
・商品を自宅まで配送してもらえるので、車等持たなくてもよい。

店舗せどり

店舗せどりはその名のとおり、ヤマダ電機やリサイクルショップなどの
店舗に仕入れに行ってせどりをするスタイルです。

店舗仕入れにも多種多様の店舗があります。
・家電量販店
・リサイクルショップ
・中古メディアショップ
・スーパー
・赤ちゃん用品店
・雑貨屋
・ホームセンター
・百貨店

電脳せどりと店舗せどりそれぞれにメリット・デメリットがあります。

●店舗せどりのメリット・デメリット
デメリット
・交通費がかかる。
・店舗が開いている時間しか仕入れができない。
・始めは店員さんの目が気になる場合がある
  ※あまり、あからさまにリサーチをしていると、まれに店員さんから注意されることもあります。
メリット
・仕入れ範囲が限られているんので、ライバルが少ない
・実際に商品に触ったり、大きさを確認できるのでイメージがしやすい
・値下げ交渉ができる
・閉店セールやセール情報をキャッチできると数万~数十万の利益を生み出すことができる

以上のような特徴がそれぞれにあります。

それぞれのライフスタイルに合わせて、どちらが合っているのか選ぶことができます。

まだ、せどりというものを始めたことがない人は
店舗せどりをお勧めしています。

なぜならば、
店舗に行くとどのような商品が人気だったり、
人気のメーカーがわかってきます。
電脳せどりをするときも役立ちます。

電脳している人の話をよく聞くことは
実際に商品が自宅に届いてみて、
送料が思ったよりもかかった事や
大きかったという話をよく聞きます。