FBA倉庫を固定するメリット・デメリット

ご存知の通りアマゾンFBAシステムは、アマゾン倉庫に預けておくと、商品が売れたら自動で配送をしてくれる便利なサービスです。

全国にはアマゾン倉庫が数ヵ所あります。
出品者でアマゾン倉庫を決めること(納品先固定)ができます。

まず、納品先固定のメリットデメリットについてお話しします。

それよりも、納品先固定の方法を知りたい方はこちらをクリック(ハイパーリンク)

納品先固定のやり方に飛ぶ

FBA倉庫を固定するメリット
・毎回同じ倉庫なので、近場にFBA倉庫を設定したら送料が安くすむ
・納品スピードが早い(トレンド商品と相性がよい)
・毎回同一の宛て先なので送り状の印字が頼みやすい
・納品先が毎回同じなので、納品先を間違える心配がない

FBA倉庫を固定するデメリット
・1品ごとに所定の手数料がかかる

住んでいる地域や箱の大きさによって料金が変わります。

また、上で挙げた納品先固定のメリット・デメリットも考慮して
納品先を固定するか固定しないか判断しましょう

納品先の固定方法について

納品先の固定方法についてご紹介します。

こちらのリンク「納品先フルフィルメントセンター指定/指定解除のリクエストフォーム」を開くと、次のフォームが表示されます。

完了をクリックします。(まだ、納品先固定の設定が完了していないので、次のページにいきます。)


次に納品先を固定するFBA倉庫を選択します。
標準と大型それぞれ選択して、完了を押して設定は終了です。

あとは、後日アマゾンからメールが届くので、メールが届いたら納品先の固定や解除ができたことになります。