アカウント閉鎖の話は読んでいただけましたか?
↓↓↓↓
【実録】理由なきアマゾンアカウント閉鎖

アマゾンアカウントが閉鎖してしまって・・・

アマゾンからFBA在庫の返送が3か月後、
アマゾンから売上金の入金も3か月後・・・

クレジットカードの支払いが迫っている・・・・・

このような状況からどうやってアマゾン販売を再開し、復活できのかお話しします。

アマゾン閉鎖されたアカウント情報では再度アカウントを作ろうと思っても、すぐにアマゾンにばれてしまうため、近くにいた兄弟に頼み込んでアマゾンアカウントを作りました。

アマゾン閉鎖から再度、アマゾンのアカウントを作る際の注意点をまとめました。

こちらも目を通しておき、必要なら保存やブックマークをおすすめします。
↓↓↓↓
アマゾン閉鎖から新規アカウント作成の注意点をご覧ください。

このとき、たまたま運が良くて、すぐに復活することができました。

こんな運がよいことはなかなかないのでしっかりと対策をしておきましょう。

それではどうやって復活したのかについてお話をします。

2013年当時は「新品せどり」という言葉が出始めて

ゲームやおもちゃカテゴリーだけでなく、家電カテゴリーもおいしいみたいな情報が流れ始めていました。

そして、2013年5月にヤマダ電機の蚤の市に参加した人が蚤の市はおいしいよということをあるコミュニティで見つけました。

まだ、クレジットカードの支払いも迫っている状況でどうしようか悩んでいましたが、蚤の市に賭けてみようと思い、蚤の市に参加しました。

当時のヤマダ電機の蚤の市の蚤の市はとてもおいしかったです。
(*今のヤマダ電機の蚤の市はうまく立ち回らないと旅費すらペイできないので注意が必要です。)

高回転で利益がとれる商品がわんさか見つかって、抱え切れないほどでした。

蚤の市は2日間開催されるのですが、1日目で利益50万はいきました。

2日間で70-80万の利益になりました。

この蚤の市があったおかげで、すぐにクレジットカードの返済も間に合い、アマゾン復活することができました。

いま、考えると本当にタイミングよく蚤の市があったことに感謝です。

このときはまたまた運が良かったですが、現在ではヤマダ電機の蚤の市では大きく稼ぐことができくなっています。

専業でせどりをしていくのであればなおのこと、アマゾンのアカウントがいつ閉鎖になっても家族に迷惑をかからない経営をしていかなければいけません。

そのためにアマゾン以外での販路の開拓、せどり以外の収入の柱を構築しておく必要が絶対にあります。

アマゾン以外で維持費を安く抑えられて、おすすめなのはヤフー!ショッピング(ヤフーショッピングのハイパーリンク)です。