店舗で商品をリサーチするために、バーコードを読み取る機械を持っておくと便利です。

それがこちら、Koamtac バーコードスキャナ データコレクタ KDC200iM Bluetooth搭載です。

このkdc200は、スマホのBluetoothとリンクさせて、読み込んだバーコード番号をテキストに入力します。

「せどりすと」や「せどろいど」にも、カメラでバーコードを読み取る機能がありますが、kdc200の方が短時間で目立たずに検索できます


ただ、kdc200のメニュー画面が英語なので、初期設定でつまづいて使えないという人にもたまに出会います。

この設定をすると、途中で止まったり、バッテリーが長く使えるので必見です!!


・データの保存をしない

データを保存してしまうと、容量オーバーで途中でスキャンできなくなります。


KDC200の左側の「▲」と「▼」同時押しします。

「▲」もしくは「▼」を押す

「Data Process」で真ん中のボタンを押す

「Wedge/store」

「Wedge Only」

「Save & Exit」


・自動改行の設定

バーコードを読み込むと同時に改行してくれます。

この改行機能、ツールを使った時には「検索開始」にもなるので、携帯を操作せずにスキャンするだけで検索出来ます。


KDC200の左側の「▲」と「▼」同時押しします。

「▲」もしくは「▼」を押して行き

「Terminator」

「CR+LF」

「Save & Exit」


・スリープの設定

使っていない時にスリープになる設定をしておくことで、バッテリの持ちを長くします。


KDC200の左側の「▲」と「▼」同時押しします。

「System Config」を選択

「Sleep Timeout」

「1 second(s)」

「Press Button to exit」

「Save & Exit」


・スキャンのたびに音が鳴らないようにする

お店で検索したり、携帯を操作したり、スキャンすることを快く思わない店員さんもいます。

「ピッピッピッ」とスキャンするたびになると、自分も周りのお客さんも気になってしまいます。


KDC200の左側の「▲」と「▼」同時押しします。

「Beep sound」

「Disabled」

「Save & Exit」


・画面を暗くする

KDC200の左側の「▲」と「▼」同時押しします。

「Brightness」

「1level」

「Press button to exit」

「Save & Exit」

設定完了

すべての設定が終わったら

「TOP Menu」

「Exit menu」

で設定は終了です。



プロフィールはこちらからご覧いただけます