店舗に行って仕入れをするときに、どのような商品を検索していますか?


仕入れられる商品には2つの基準があります。

①セール品を狙う
②定価超え商品を狙う

以上の2通りしかありません。


「セール品を狙う」とは

文字通り、店舗に安くなっていセール品を狙う手法です。


例えば、
定価5,000円の商品がアマゾンでは4,000円で販売されていたとします。

店舗では1,000円でワゴンに置いてあった場合に、差額は3000円なので、手数料を引いても利益が取れます。


では、なぜ、店舗にセール品が並ぶのでしょうか?


メーカーが新製品を販売すると、店舗は新製品を棚に並べるために旧製品を処分しなければなりません。

そのため、処分対象になった旧商品がワゴンや棚に並びます。


そのために店舗に行ったら、まずは「ワゴン」を検索しましょう。

そして、ワゴンに並ばない処分品は棚にも並びます。

棚で見るポイントとしては、処分品のPOP(ポップ)がないか、棚の上や下、隅に処分品がないか探してみましょう。


②定価超え商品を狙う

定価超えは店舗でセール品のようにわかりやすいPOPがあるわけではないので、定価超え商品を知らない人は全く仕入れることができません。

例えば、
定価5,000円の商品が、アマゾンでは10,000円で販売されていたとします。

店舗ではちょっと安くなって4,500円で仕入れられた場合に、差額は5,000円なので、手数料を引いても利益が取れます。


定価超え商品はあらかじめ覚えておくことで、店舗に行っても、とても効率よく仕入れができます。


定価超え商品を覚える方法としては、無料で調べる方法有料ツールを使う方法があります。

始めは無料で調べる方法でも良いですが、効率的に定価超え商品を調べるには断然、有料定価超えツール(事前予習ツール)を使うことをお勧めします。


有料の定価超えツール(事前予習ツール)については、別の記事でで解説します。



無料でも検索できるとお話しましたが、定価超えのページを見ることが面倒くさくて辞めてしまう人もたくさんいます。

しっかりと、定価超えツールを覚える習慣を身に着けくとメリットがあります。


急に値上がりした商品をキャッチできるのでライバルよりも早く仕入れができる

個人商店に行ったときもあらかじめ覚えておいた定価超え商品を店員さんに取り置きしてもらうことができる


このようにせどりで利益が取れる商品は2通りのパターンしかありません。

セール品はある程度検索をしていると、どこをチェックすればよいのか誰でもわかるので、どうしても早いものが勝ちになってしまいます。


もし、セール品がある程度仕入れができるようになったら、定価超えツール(事前予習ツール)も取り入れて売上を拡大してみてください。



プロフィールはこちらからご覧いただけます